読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YESを勝ち取る伝え方

ベルギー在住のコンサルタントが伝授する世界で使えるコミュニケーションの秘訣

【英文パンフレット】はじめに

海外で暮らしていると、日本の商品やサービスはなんて素晴らしいんだろうと、改めて実感することがよくあります。日本で私たちが当たり前のように触れている商品やサービスのありがたみは、先進国であるベルギーに住んでいてもひしひしと感じるものです。で…

海外就職最大の難関:労働許可証の取得

海外で就職したいと考えたとき、一番のハードルとなるのは、労働許可証の取得です。一歩日本の外に出れば、私たち日本人が労働許可なしに働ける国はありません。現地の人と結婚して配偶者ビザを持っているというようなケースでない場合、海外で企業に就職す…

妥当な報酬額を知るには

面接を突破し、採用が決まったら、次は雇用契約内容の交渉が待っています。日本の外資系企業で働く場合は、これまでのお給料をベースに話が進められるでしょうが、海外にある企業で働く場合は、日本で住む場合とは状況が異なるので、注意深く交渉を進めてい…

面接で聞かれる質問の一覧

Monsterという就職・採用サービスを提供しているサイトに、"The 50 Toughest Interview Questions to Ask or to Answer" というページがあります。このページには、面接でよく聞かれる質問が載っているので、面接の準備として活用できます。 Tell me about y…

Tell me about yourself / あなたについて話してください

「あなたについて話してください(Tell me about yourself)」という質問は、面接で必ず聞かれる質問です。準備をしていないと、いったい何をどこから話せばいいのか、迷ってしまう質問ですね。 でも、この質問にきちんと答えられないということは、自分のア…

面接で緊張しない方法

書類選考を突破して、面接へと無事コマを進めることができたら、面接当日までは、しっかりと準備に時間をかけましょう。まずは、募集要項を読み直し、求められているスキルや経験を頭に叩き込んでください。また、応募先の業界や会社について、徹底的に調べ…

カバーレターは You → Me → We の3部構成で (2)

前回は、カバーレターの3部構成の書き出し部分についてお伝えしました。前回お伝えした通り、書き出しのYouの部分で、きちんと応募先の業界・会社・職種に対する志望動機を説明したら、次の部分に移ります。 次はMe、あなたについて書きます。ここでは、他に…

カバーレターは You → Me → We の3部構成で (1)

応募書類として、英文履歴書と一緒に提出されるカバーレター(cover letter)ですが、「カバーレターは一切読まない」という採用担当者がたくさんいるのも事実です。もし応募しようとしている案件に対して、あなたの履歴書の内容で、絶対に面接に呼ばれると…

履歴書に載せる実績の数と内容の選び方

職歴欄に実績を書く際、基本的には、それぞれの肩書きに対して、実績を書きます。例えば、経理部で働いていて、アシスタント職からマネージャー職へ肩書きが変わった場合は、同じ会社の同じ部署だからといって、まとめてマネージャー職として、実績を並べて…

経歴はアクション・ワードで箇条書きに

経歴を書く際には、「実績を具体的に書く」と前回お伝えしました。通常、経歴は文章で書くのではなく、箇条書きで記載します。その際、それぞれの箇条書きは、過去形の動詞で書き始めます。なぜ過去形かというと、経歴は過去の実績について書いているからで…

採用担当者が会いたくなる経歴の書き方

英文履歴書は、経験してきたそれぞれのポジションに対して、その内容を詳しく説明することが求められます。 例えば、化粧品会社のマーケティング部でキャリアを積んできた人が、入社してから3年目に転職を考えているとしましょう。転職を希望している先は、…

採用担当者の裏の楽しみ?「らしさ」のある履歴書

履歴書の中で、採用担当者がよく覚えている情報は、応募者の趣味やボランティア活動であることが多いようです。採用担当者の中には、趣味欄を密かな楽しみにしている人がいます。かくいう私もその一人。なぜなら、趣味欄には、履歴書の中で最もその人らしさ…

英文履歴書の典型フォーマット

典型的な英文履歴書は、次のような情報で構成されています。 個人情報(名前、住所、電話番号、メールアドレス) 職歴 学歴 その他(使用可能言語、資格、趣味、ボランティア活動、会員情報など) 採用を行っている国がどこかによっては、個人情報に、生年月…

美しい履歴書の法則

「人は見た目が9割」という本がありますが、前回ご紹介した10秒ルールが存在するなら、履歴書も見た目が9割と言えます。今回は、美しい履歴書の法則をお伝えしましょう。 ページ数 英文履歴書はどんなに長いものでも、A4用紙に片面印刷で2ページまでに収めま…

採用担当者に読んでもらえる英文履歴書の10秒ルール

私は日本とベルギーで、採用チームの一員となり、応募書類に目を通して候補者を選び、その候補者の面接を担当したことがあります。履歴書を目の前にして、採用担当者は何をしているのか、私自身の経験と、他の採用担当者から聞いた話を総合して、お伝えしま…

夢に近づく履歴書

日本人のあなたが英語の履歴書を書くのは、 海外の大学・大学院へ出願するとき 日本国内の外資系企業の仕事やプロジェクトへ応募するとき 海外の企業の仕事やプロジェクトへ応募するとき のいずれかの場合であることがほとんどでしょう。 履歴書は、これまで…

プロフィール

西田 さおり 京都府出身。関西学院大学卒業後、ボストン大学大学院にて国際関係学及びコミュニュケーション学の修士号を取得し、帰国。 デロイト・トーマツ・コンサルティング、マインドシェア(世界最大規模の広告代理店グループ会社)、P&G、ロイズ銀行(…

このブログについて

このブログは、世界に通用するYESを勝ち取る伝え方を紹介するブログです。 YESを勝ち取るキャリアの作り方(英文履歴書、カバーレター、英語面接) YESを勝ち取る書き方(メール、資料、スライド) YESを勝ち取る話し方(雑談、プレゼンテーション、交渉) …